fc2ブログ

短文シリーズ ②


31

ドラえもん。正直興味はないけど、最近映画が話題になっているので。
ジャイアンというのは、あれはどうなんでしょう。
正直人間のクズとしか見れない。

すぐに友人を殴る。殴る。殴る。

そのくせ、映画になるといい子ぶる。

通常回と劇場版で態度を変える。計算高い男。好きになれない。
のび太はもっと嫌いかもしれない。

32

明日が見えない というのは怖いことなのか。
見えてしまってはつまらない。
でも、それは多分人それぞれ。

見えた方が楽しみが増すし、うまくやれるように対策もとれる。
正解は分からないけど見えなさすぎるのはやっぱり怖い。

今やっていることが明日につながると信じていないと、今を必死に生きれない。
でもつながらないこともある。
その時に考えればいいじゃん。


その通り。

33

マンガや映画で、もし世界に自分ひとりになったら という回がある。
最初はたいてい自由を満喫。やりたい放題。
でもいずれさみしくなって、孤独を嘆く。

1人になりたい。1人は絶対嫌だ。

自分は前者というか、勝手にそうなりがち。
昔から友達と距離があった。どの友達とも浅く広く。
結局卒業したら、浅い友人なんてお互い何て読んでいたかすら忘れる。

久しぶりに会った友人が昔と違う呼び名で自分を呼んできたりすると、やっぱりかなしい。

34

自分が嫌いだと思う時というのは、きっと誰でもあるわけで。
そう思った時、どうやって自分を許すかというのはとっても大事なこと。

甘やかすのではなく、許す。受け入れる。

やってみると意外と簡単だったりするけど、それが他人だったら、なかなか難しい。

自分は許せるのに、他人は許せない。
勝手な人間だな。

35

ここ3か月くらい、寝る前にビールを飲むようになった。
といっても第三のビールってやつ?僕のお気に入りは アサヒ 糖質ゼロ

スーパーで半額になった焼き鳥を買って、たまにハンバーグを買って、こたつで一人で楽しむ。
僕はお酒はつよく、一本くらいではびくともしない。

酔うとどうなるのか。滑舌がわるくなり、ひたすら笑う。ただ笑う。

楽しいお酒なので比較的無害。ただ、倒れるまで行ってしまうので、あまりお店では深酒はしない。

たまに暴力的になる人がいる。
説教するとかはまだいいが、手を出したりする人がいる。

正直自分でもわかっているのに、人前でお酒を飲む人は、例外なくクズだと思う。
結局後日謝れば済むと思っている。
いや~昨日は飲みすぎたよ ごめんね 

やかましい

飲酒運転して人を殺しても、お酒のせいにしたら許されると思っているクズ。
法に触れるか触れないかの違いのみ。ベクトルは一緒。

36

小学校の時の担任。小学校6年の時のセンセイ。
神戸に引っ越したのは6年生の時。
毎日孤独だった。
方言をバカにされて、休み時間は毎日窓からグラウンドを見ていた。

下関ではドッジボールが主流だったけど、神戸では誰もやってなかった。

そんなとき、先生はいつも僕に話しかけてくれた。
「ゆうすけ」いつもそう呼んでた。
ちょっと怖い先生だったけど、温かい人だった。
一度クラスメイトとケンカした時、二人で怒られた。
説教が終わって立ち去ろうとした。実はまだ説教は終わってなかった。
終わったと思って立ち去った僕の肩をグッとつかんで、往復ビンタをされた。

僕は泣くとエズいてまともにしゃべれないタイプで、なんで立ち去ったのかうまく説明できなかった。

先生は紙に書け といって、放課後先生と校庭の隅にある椅子で紙を渡して二人で話した。

内容は覚えてないけど先生に対する怒りは全くなかった。先生が自分を愛してくれていることが分かっていたからだと思う。
本当にいい先生だった。本当に感謝してる。
中学3年生くらい?小学校に会いにいったら、もう先生はいなかった。今あの先生はどこで何をしているのか。もう一度会いたい。

37

かつての僕はクレーマーだった。
気に入らないこと、ちょっとした先方のミスがあると、店長を呼び出し、ネチネチ不満をぶつけていた。
今思い出すと、本当に恥ずかしい。
若気の至りだと自分を納得させようが、僕がかつて傷つけた人たちには届かないし、気休めにもならない。

年を重ねるごとに、働くということはどういうものなのか、
人というもの、社会というもの、いろんなことを学ぶ。
本と読むようになっていかに自分が醜い人間かを学んだ。

しかし、残念ながら歳を重ねようと醜い行為をする人間はいるもの。
コンビニで若い店員に、ちょっとしたことで怒鳴り散らすおっさん。
何年も人生やってきたのに、こいつは何も学ばなかったんだな。と哀れに見える。

かつての僕もきっと 「親の顔をみてみたいな」という目でみられてたんだろうな。

38

遅刻をする。これを全く悪いことと思ってない人があまりにも多い。
遅刻をするということは、相手の予定を狂わすこと。
待っているほうは、時間を失うことになる。
時間というのは、お金では換算できない何よりも尊いもの。

つまり、遅刻をするということは、

「相手が一番大切にしているものを盗むどろぼうという行為」なのだ。

といいながら遅刻をしてしまう自分が嫌いだ。

39

僕は未婚なので、子供がいない。
結婚願望が皆無で、しかも子どもが大の苦手。
他人の子供と触れ合わないといけない時間が苦痛でしょうがない。
どうしたらいいのかわからない。

ふつう人には、子孫を残さないといけない!という本能が備わっている。
自分にもきっとその本能は眠っているだろうから、いつかはそういうことを覚悟する日が来るのかもしれないと思っていたけど、最近絶対子供はいらないと思うことがあった。

子供を育てるということがいかに大変か。
命を預かるということがいかに責任が伴うことか。
あ~~・・最近ニュースでやってるあれは関係ない。

自分には無理だと確信した。

世の中には、子供を産むという行為が人として当たり前の流れで、誰でも簡単に選択してしまう傾向がある。
結婚したかカップルの3分の1が離婚するこの時代。
もはや結婚、子育てはマストではない。
少子化とか考えて子供を産もう!日本に貢献しよう!という思いで子供を産む人はまさかおるまい。

なぜ人は結婚したがるのか。結婚することを強要するのか。

老後が心配なのか。
周りが結婚していくのに自分だけ取り残されるのが恥ずかしいのか。
子供が欲しいからか。

まあいろいろ理由があるのだろうが、確固たる決意もないのに、結婚はしない方がいい。
子供を産むというのは、育てるというのは、本当に大変なこと。

本当に痛感した。
いや、僕に子供はいないが。

40

社会的地位 という言葉があるが、一体何様なのだろうか。
といいながらなんだかんだ使う言葉ではあるけど。
給料?役職??知名度???
もしそうなら専業主婦は?

仕事に上も下もない。
主婦も社長も、必要としている人がいる以上、上も下もない。
結局人は皆平等。

こういう考え方は何教になるのだろうか。

41

謝らない人 どうしたものか。

自分は悪くない 
お前が俺の考え方にそぐわないのが悪いのだ

そういうスタンスを貫いている人は、やっぱり醜い。

何とか男児とか、亭主何とかとか、ただの自己中じゃん。

相手の気持ちを酌めない人に、何の魅力も感じない。


42

ぼくは甘やかされて育った。
親からすれば、僕は失敗作なのだろう
期待をことごとく裏切ってきた。

お金のかかった子供だった。おもちゃもたくさん買ってもらった。旅行にもたくさん連れて行ってくれた。

でも何かを返せた気はしない。

よく「生きているだけで親孝行はできている」何て言うが、それはどうかな。。。

ここまで書いておいて、何をしてやればいいのか見当もつかない。

親不孝なのかな。 僕は。


43

映画を見ていると、いつも思うことがある。

なぜハッピーエンドにしないのか。
バットエンドの映画を見て、誰が喜ぶのか。

何のために2時間という尊い時間を費やし、最後にバッドな気分にならないといけないのか。

ありきたりだからか。じゃあ水戸黄門は駄作なのか。いや、そうじゃない。

折角時間というものを提供するのだからやっぱり幸せな時間にしたい。こう思うのはボクだけ?


44

文字というのはとても危ないものだ。
活字におこすと、自分の意図していない受け取り方をする人が必ず現れる。

ネットには、無責任なネットニュースが山のようにあふれている。
活字の怖さを知らない人たちが、無責任に小銭を稼ぐためにせっせと適当に活字を打ち込む。
僕は今何時間も打ってるけど、1円にもならないんですよ?
何のためにやってるかって?

分かれば苦労しないさ。

45

友達が少ないとやたら書いているが、決していない訳ではない。
僕のやっていることを本気で応援してくれている友は何人かいるし、
こいつは自分を友だと思ってくれている”と自信を持って宣言できる人もいる。

その人の価値は、葬式をしたときにわかる、と聞いたことがある。

今僕が死んだら・・・ひとり・・・ふたり・・・3....4...5....・・・

・・・


46

世の中で一番しんどい仕事ってなんだろう。
僕は芸能人だと思う。
いや、こう書くと意義を唱える人が後を絶たないのだろうが、やっぱりそう思う。

彼らはたくさんのお給料をもらっている。
もちろんそこに行くまでが狭き門なのだろうが、そこを通過できた人は、僕の年収を1日で稼いだりする。

でもその分リスクを抱えている。

浮気一つ、不倫一つ。犯罪一つ。犯罪一歩手前一つ。これだけで彼らは想像を絶するバッシングを受ける。
いや、冤罪ですら火のないところに煙はたたないといわれる。そして謹慎を余儀なくされる。
そうやってボロボロになりながらも復帰した日には、顔も見たことのない人にまでぼろカスに傷つけられる。

芸能界は甘い。普通の会社だったらそんな簡単に復帰なんてできない。

正直何て的外れなことを言っているのかと思う。

普通の人は、会社をクビになるようなミスをしたところで、
周りに後ろ指刺されるような恥ずかしい行いをしてしまったところで、
会社を辞めて町一つ引っ越してしまうだけで自分を誰も知らない世界へ逃げることができる。
会社なんて、ハローワークに吐いて捨てるほどある。

でも芸能人はそうはいかない。

そんなの、やっちゃいけないことやったお前が悪いんだ!自業自得だ!

そういうあなたは、やましいことを一つもこれまでにやったことはないのか?

結局自分よりキャーキャー言われて高額な給料をもらっている人が、例外なく許せないのだろう。ただの嫉妬。

芸能人にあこがれる人は、そこんとこちゃんとわかったうえで憧れたほうがいいかな。

一般人でよかった。

47

車の中で音楽を聴くのは大好き。
でも最近。無音で車に乗ることが増えた。

いろんなことを考える。

考えなくてもいいようなことも。

考えるだけ考えて、答えなんてそうそう出ないが。

出ないことを悩み、またへこむ。答えを探しに本屋にいくけど、金がなくて答えを見ることができない。

金は大事だ。

48

高校生のころから、僕の考え方は基本変わっていない。

買い物をするとき、ガッツり悩んだものは結局いつかは買うのだから悩むだけムダ。買ってしまった方が早く経験できるから、人生をより濃いものに出来る。

もちろん貯金なんてない。でもおかげで今の仕事にも出会えた。

浪費??でも、買い物を後悔したことはほとんどない。
買い物上手なのだろうか。僕は。

49

昔姉に言われた。

「あんたは人を見下している」

未だに引っかかっている。

僕は頭が大きいので、若干後方に頭が傾き、見下しているように見える。と自分で分析したけど結局答えは分からない。
そんなつもりないんだけど。目つき??話し方???

やっぱり勉強だな。

50

夢を語るのは好きだ。多分自分に酔えるからだろう。
夢を語る人を見るのは大好きだ。自分も夢を見ていいと自信が持てるからだろう。

夢を語った時、相手の反応を見て、その人が今何を思っているのか、手に取るようにわかる。
夢を持っている人は、かならずこちらの話に食いつくが、ない人は顔にでる

「はいはい、、、くだらない。ご立派ですね。」

そういう反応を隠しているつもりなのだろうが、全部御見通し。

初めて会う人がそういう反応をしてきた場合、この人と今度会ったところで有害でしかない、と判断し、二度と会わない。

自分に有益な人としか会わないといっている訳ではないということははっきりさせておく。ちなみに

「いいな、、俺なんて何もないよ。。聞きたくない。。。しんどい。。」

という人もいる。

そういう人がいると、何とかして夢をもってもらいたいと熱弁してしまうのは僕の悪い癖。

自分の人生。
好きに生きればいい。
本当に何とかしたいと思っているのなら、何とかしているよ。とっくに。
本気じゃないから、何もしないんじゃない?
本気になりたいのなら、足動かすしかないと思う。

感動しにいこうぜ。


51

人は死ぬとどうなるんだろう。
小学生のときとにかく怖くなって、母に泣きついたことがある。

20分くらいだろうか。母だって答えなんてわからないのに。

母が何て言ったかは覚えてないけど、多分子供の僕が怖くないように、考えていろいろ言ってくれたのだろう。

でも納得できない僕は、結局 「ぼくより先にお母さんが死んじゃったら、僕はどうしたらいいの?」と質問した。

最初は一生懸命答えていた母も、最終的には 「勝手に殺すな!」といって、泣きつくぼくを突っぱねた。

小学校2年生くらいだったか。。。

考えてもしょうがないことは考えなくていい。
そんなこと考えてる時点で、暇ってことなんだと思う。

最近はもう考えなくなった。
その瞬間、やりきった!と少しでも思えるように。
早く生まれ変わって,
前世でできなかったことやってやる!と思えたら幸せだな。

52

この世で一番怖いもの。 それは 冤罪 だと思う。

電車が怖くて乗れない。あれは恐ろしい。
出来る限り移動は車を使う。

女性専用車両というものがあるが、正直女の人は全員あれに乗ってほしい。
最近は冤罪に対応した保険まである。

どうしても電車に乗らないといけないときは、
両手万歳、スマホは極力さわらない、女の近くにはいかない。

半径1メートル以内に若い女がいる場合は、たとえ座っていたとしても立ち上がってオヤジの群れの中に突進する。

男性専用車両。。。待ってます。

53

GBWC日本大会。
この時、自分の意外な一面を発見した。

僕は笑うのが苦手だ。

何台ものカメラマンに 「はい、次こっちお願いしま~す。わらってくださ~い」

一般人には非日常にもほどがある経験だったけど、笑うという行為がこれほど難しいことかと実感した。

頬が痙攣する。比喩じゃなく、本当にぴくついていた。
「やばい!これ以上笑ってられない!」何度も思った。
世界戦の時はもっとヤバかった。

笑い方がわからない。というと、こいつどんなつらい人生を送ってきたんだと思うかもしれないけど、それは誤解。

いじめられた経験もないし、家庭事情も特に問題なく普通に生きてきた。
でも笑うのはキツイ。

でもあの時は人生で一番うれしかった。
単純に顔の筋肉が笑顔になれていなかったのだろう。

楽しくもないのにいつでも笑顔を振りまける芸能人はやっぱりすごい。

54

身の丈に合った生活をしろ

というが、そもそも身の丈というのは何のことを言っているのだろうか。

おそらく大半の人は「収入」のことを言っているのだろう。というか、多分それ。
でも収入というのは、基本組織が決めるもの。
ということは、身の丈に合った生活というのは、組織が決めるもの。

でも、身の丈を成長させるためには昇給しかないのだろうか。

そう考えるとなかなかむなしい。

自分は 身の丈とは 人としての器 だと思う。いや、何と言ったらいいのか。。ちょっと違うかもしれないけど、そこは察してほしい

自己啓発本なんかを見ると、なかなかの確率で

グリーン車に乗ってみる とか、 高級なディナーを食べてみる とか、
今の自分より身分が高い人たちがやっている生活を、ちょっと無理してでもやってみる、経験してみる、ということが書かれている。
要するに、そうやって経験することで、人として大きくなり、器を育てなさい、ということだと思う。


今の自分に見合ったことばかりしていては、いつまでたっても経験ができない。
だから、少し無理してでも、少し背伸びしてみる。
その背伸びが自分を成長させていく。

自分の身の丈を他人に決められるのは、ちょっとしゃくかな。。。


55

今の自分が満たされないのは、「あの時」頑張らなかったからだ。

あのとき?それは人それぞれちがうのだろう。

高校受験?部活?大学受験?就活??

今満たされていない人というのは、どこかで頑張らなかった人たち。
自分も正直そうだ。
僕は、全部頑張らなかった。

でも、それは自業自得。
いまさら嘆いてもしょうがない。そんな暇があるのなら、今を充実させるために全力であがくべき。
でも、満たされない不満を他人にあたり散らし、発散する人たちがいる。
「あの時」頑張らなかったのは自分なのにさ。

56

人と話すというのは正直苦手だが嫌いではない。むしろ好きだ。
仕事の話をするのが一番楽しいかな?
他人がやっている仕事の話は、まあ興味のわかないものもあるけど基本楽しい。

副業でコンビニで働いている人とご飯を食べたとき、その人が言っていた

「カードとかお釣りを受け取るとき、サッと引き取られると イラ っとする」
という話を聞いた。

接客業の経験がないので、この話を聞くまでは何とも思っていなかったけど、言われてみれば自分でもいやだろうなって思った。

それ以降、レジでカードや商品を受け取るときは、相手が手を離すまで手元にはひかず、ひたすらマイルドに受け取るようにした。
軽く会釈をして、できるだけ笑顔で受け取るように心がけている。

人の話を聞くことでも勉強はできる。

そんなことあたりまえじゃん?
そう思ったあなたは素晴らしい。
人見知りにとっては、なかなか耳の痛い話なのだ。

57

歳をとると、月日が経つのが早くなる。
この理由は簡単。

新しい経験、刺激が少なくなってくるから。

だったら、いつでも新しい挑戦をすればいい。

人生を常にフレッシュに、刺激的に過ごすにはそれしかない。

わかっているのに、、、、なんでできないんだろう。
正直今に満足なのだろうか。
満足はしていない。でも、、、

わからないな。。。

58

中学校の同級生。変わったやつがいた。
そいつは、休み時間になると、僕をトイレに誘う。
「頼む!う○こいくから付き合って!」
休み時間になると、僕を誘うのだ。
特別仲がよかったわけではない。学校以外で遊んだことも2回くらいしかない。
でもなぜか僕なのだ。多分僕しか付き合ってくれなかったのだろう。

学校で 大 をするというのは、恥ずかしいという感覚がふつうなのだが、彼はそれが全くない。

でも、冷静に考えれば大をするのは当たり前で、なんら恥ずかしいことではない。
今あるところでは、学校で大を我慢するのは体に良くないという理由で、男子トイレを女子トイレのように個室化しているところもあるらしい。
いやいや、、子供の守り方、間違ってない?

大をすることが、なんら恥ずかしい行為ではないことを教えることの方が重要だと思うんですけど。

彼が特殊なのか。。
彼はクラスの中心的な存在だったので、それがきっかけでいじめられたりはしなかった。
じゃあクラスのイケてないグループの人間が大をしたら、、、もしかしたらいじめのきっかけになっていたかもしれない。

そう考えると、、、、個室化は仕方ないのかな。
子供が相手だと、大人の理屈は通用しない。
うん、やっぱり間違ってないかも。。いや、、、ん~~答えはでない。。

ちなみに風のうわさで、彼はラッパーになったらしい。かっこいいぜ。


59

不安という物と付き合うのは、なかなか疲れる。
ため込むとよくないし、周りに当たり散らすのは言語道断。

ためた不安は、夢となって襲ってくる。
いやいや、寝てる間くらい、そっとしておいてよ。

60

なんでつらい思い出は忘れられないのだろうか。
さっさと忘れたいのに、しぶとく残っている。
そのくせ、楽しかった思い出は、次から次へと忘れていく。

なんでか考えてみたら、自分なりに答えが出た。

人生、楽しいことの方が圧倒的に多くて、次から次と楽しい思い出が上書きされていくから忘れていくように感じるだけで、実はつらい思い出は少ないから上書きされないから忘れないのだ。


そう考えると、人生って楽しいもんだって思える。何事も考えようだ。
スポンサーサイト



短文シリーズ ③ | Home | 短文シリーズ ①

コメント

コメントの投稿