fc2ブログ

節句ガンダム制作記④ 肩アーマー

今回肩の鎧には、
10071139.jpg

これから拝借しています。

義経の時はマーク2のシールドを改造したものを複製して重ねて使っていましたが、今回はありものを使って時短です。

といっても、なんだかんだこれが一番の見せ場になっています。

まずシールドの裏。
IMG_20211221_181938.jpg


このシールドの役目はただ敵の攻撃を防ぐためのものではなく、トールギスのようなスラスターの役目も果たします。敵の懐にさっと踏み込む感じ。まあ侍ですから、間合いが狭いので瞬発力は大切ですよね。だもんで、

IMG_3625.jpg
IMG_3628_20220216152013610.jpg

結構派手なスラスターパックをデザインしてます。
IMG_20211223_154523.jpg

ちょっと間違えばビームキャノンに見えてしまいますが汗 

これを

IMG_3631_2022021615201626d.jpg
IMG_3630_20220216152014a32.jpg

ダブルオーライザーのバックパックに接続しなければならないのですが、その接続パーツも自作しています。
IMG_20211223_154528.jpg
IMG_20211223_201312.jpg


磁石を仕込んでいますし、シールドは回転、この接続パーツも軸の差し込みで動きますが、今回は接着してしまっています。


で一番オリジナリティーが出たのが表!

IMG_20211228_231331.jpg
IMG_20211231_165054.jpg
IMG_3634_20220216152028fcc.jpg
IMG_3635_2022021615202923d.jpg

CADでささっと。プリンターでささっと。・・・いや、ささっとできるほど簡単じゃなかったんですが、プラ板でやるのはきつかったですね。CAD覚えてよかった。

IMG_20211223_154530.jpg

まあこれは、帳尻り合わせの際にプリントしたサンプル。ありものに接するパーツはどうしても帳尻合わせにてこずります。3Dスキャンができれば変わってくるのでしょうが、今はまだ買い時ではありません。もっと安価でクオリティーのいいものが出るまではこの方法で合わせていくのがいいかなと。もちろん鎧の表も3回目くらいで成功しています。

IMG_0032_2022021615200708a.jpg
IMG_0033_202202161520085f5.jpg
IMG_0035_2022021615201065f.jpg


あとはまあ見たマンマですね。


というわけで本体はこんなもんかな?

後は武器類、そしてベースですね。

正直こっちの方が見ていて楽しいカモ・・・

あと2回くらいでまとめていけたらと思います(^^)/
スポンサーサイト



節句ガンダム制作記③ 頭・胴体

ようやく完成しました…

お披露目は家族の後にしたいと思いますので、それまでお待ちを!


というわけで、制作記3回目!
IMG_20211218_192638.jpg

頭部。角をコトブキヤから。ちょっとやりすぎな感じですが、頭がエクシアのマンマなので、これくらい派手でもいいかなと。見栄え重視ですからね。今回は。
IMG_20211225_112008.jpg
IMG_20211225_112014.jpg

頭頂部に戦国アストレイのシールドの一部。これ、今回ジャンクパーツ漁ってて、これいいじゃん!と思ってやったんですが、なんと義経エクシアでも同じ事やってましたw  ほんと・・・進歩してないというか、なんというか汗 

そして・・・

これ!これをもう一回やります!
FII5OxFacAAEEXF.jpg

元々はPS2の義経の髪からインスピレーションを得てやったんですが、バックパックが今回はないので、背中に華を持たせる意味でも重要な役割を担当してくれることでしょう!
IMG_20211224_100031.jpg
スクリーンショット 2022-02-13 223638

中にアルミを入れます。2mmかな?

でこの金の装飾。三宮を探し回ったんですが、みつからなかったんです。まあこういうのはすぐに廃盤になりますからね。ネットでも2時間くらい探して見つからなくて。なので

作りました!
スクリーンショット 2022-02-13 225314

最初から作っとけよ。と聞こえそうですが、正直強度的にどうしても薄くなるパーツなので不安だったのです。でもなんだかんだ全く問題なくできました。ほんと無駄な時間つかったな~~(´;ω;`)

スクリーンショット 2022-02-13 224541

スクリーンショット 2022-02-13 224558

胴体。これはほとんどそのままですね。しかし、エクシアの時みたいに、肩に小さな鎧を付けています。
スクリーンショット 2022-02-13 224958

これはちゃんと名前があるみたいですね。この装備は義経にもありましたが、いわゆる侍の時代より前、鎌倉とかあの辺の 武士 の時代の装備・・・と当時勉強した気がします。間違ってたらごめんなさい・・・
スクリーンショット 2022-02-13 224711

左右で大きさが違うのもあるあるみたいで。最終的にはデザインを変えています。どういう意味があるんでしょうね。弓を構えやすくとか、まあ意味があるんでしょうね。

IMG_20211223_201335.jpg
IMG_20211223_201325.jpg

背中にはプリンターパーツで、ダブルオーのバックパックとの接続パーツを作りました。これにオリジナルで制作したスラスターパックを内蔵したシールドを接続します。


というわけで次回はその肩アーマー!これが今作の一番の目玉!お楽しみに( ゚Д゚)

節句ガンダム制作記② 足回り

完成まであと…1週間以内にケリをつけたいな、というところです。

いろいろとうまくいかないことが続きましてね。難航してます。


というわけで今日は足回りです(^^
IMG_20211220_205231.jpg

脛。これもコトブキヤなんですが、ここで問題。

ディテールがガンプラっぽくない。

まあ、実際に塗装してしまえば大丈夫なんでしょうが、今回の世界観にどうしても合わないと感じたので
IMG_20211220_205214.jpg
IMG_20211220_205225.jpg

ディテールダウン!(っていう言い回しがあるかはわからない)


ディテールアップは決して足し算ではありません。目指すところに余計なものがあるのなら、引いていくことも時には重要です。

パテで裏打ちしてます。これがなかなか難しい汗 何とかうまくいきました。
IMG_0002_20220209153743d6e.jpg

でメンソレータムとマジスカコンボ。

IMG_0003_202202091537441d4.jpg
IMG_0004_20220209153746c6a.jpg

膝周り。今作で唯一いつものようなスジボリをした個所。 エッジ付近にやってます。ビフォーがないとわかりませんね汗 ごめんなさい汗
20220207_195855_copy_800x800.jpg


足。これは苦肉の策というか…

今回はあくまで人形です。姉夫婦の家までは、立った状態で持っていく予定です。今回のみ僕が行って組み上げてもいいんですが、毎年やるのはね汗 撤収の手間とかもあるし、箱がもう一つ必要になり邪魔です。今回はケースの中にすべて接着してしまいます。

ただ、将来的にメンテすることも考えると、やはり取り外しできるようにしておきたい。でも磁石だけでは強度が不安。。。。だもんで、裏からナットで…という荒業です。まあこのねじ自体がぽろっといってしまったらおしまいですが、まあプラモデル程度の重さならこれでも大丈夫かなと。


脚部は正直あまりいじっていません。今回はいつものように複雑なディテールは省いています。


というわけで次回は頭、胴体かな?あんまり写真無いのであれですが…それでは(^^)/

節句ガンダム制作記① 腰回り

ついにこの日が!!

ようやく書く気になりました!!

というわけで、今回は部位ごとに書いていくことにします。

本体は完成していて、今ケースをやってます。

ケースは初めての事なので、あれやこれやと出費がかさんでいまして、無駄になった材料だけでも…・1万は軽く超えてるかな。

まあそんなことは慣れっこなのでどうでもいいんですがね。とりあえず腰回りから行ってみましょうか!
IMG_0005_20220203204312e61.jpg


これは腰フレームのスカートの接続部。コレは…・ダブルオー?かな? エクシアの腰につける際に、こうしないとぶつかってしまうので、幅を増やしています。エクシアはサイドスカートに接続するジョイントがありませんでしたしね。
IMG_0009_202202032043150d6.jpg
IMG_0012_202202032043170b5.jpg


センターブロック。これは無理矢理ですね。ダブルオー系はこの辺りが特殊なので、面倒でした。
IMG_20211208_115157.jpg
IMG_20211217_112637.jpg


でフロントスカート。これは3Dプリンターで。これをゼロからやるのはほぼ無理ですね。オンリーワン感が出ます。

IMG_20211217_115229.jpg

サイドスカート。これは
スクリーンショット 2022-02-03 202918


これから。ただ、このまま使おうとすると、太ももにぶつかってしまいます。なので
IMG_20211217_202129.jpg

無理矢理のこぎりいてれてバキバキと押し広げています。旧キットでよくあるやつですね。
IMG_20211208_184916.jpg


リアスカートも3D。義経の時は本当に大変でしたが……でも楽勝でもなかったです。こういうなだらかな曲面にディテールを入れるのは結構めんどくさいのです。大変でした。

でいきなり塗装です。

義経の時を全く同じです。

まずはサフ。ガイヤのエヴォサフ、『オキサイドレッド』。戦車の錆止めみたいな色なので、戦車模型に使う人も多いですね。
※間違えました汗 金の下地ですね。赤の下地はいつも通りピンクサフです。

IMG_0023_20220203204318f5c.jpg

それにルミレッド。パネルの中央部に
IMG_0024_20220203204253bd8.jpg

白。その上から
IMG_0025_20220203204254f82.jpg

クリアイエロー。の上から
IMG_0026_20220203204256aca.jpg

クリアイエロー+クリアオレンジ。の上から
IMG_0027_20220203204259b9f.jpg


クリアオレンジ+クリアルージュ 


クリアルージュはクリアレッドよりも薄いため、赤くしすぎる事故リスクを軽減できます。


でマスキングして
IMG_0028_2022020320430071c.jpg

スターブライトゴールド。で中央部に 青金。 グラデをかけてます。


裏は。。。
IMG_0031_20220203204302eb4.jpg


先にフレーム2色を吹いてからゴールド。ここは前から見てもはっきり見えるのでこだわらないと。


今回もデカールは使用しません。なので情報量を稼ぐためにこういう個所を頑張ると非常にメカメカしく見えます。


どうでしょう?このブログを昔から見てくれている人からすれば、まさしく2016年の時のような記事になりましたね。

もう5年半前ですか‥‥恐ろしい…あれから白髪がはっきりと増えました。

今日も買い出しに行ったんですが、エレベーターの鏡の前で白髪観てたら、あまりのショックでドア開いたの気づかず降り過ごすところでしたよ。

黒染するのは面倒だし、茶色はちょっと・・・ 家族の評判悪いし。



……次は足かな?それでは!