GBWC2017 制作記48 アマテラスせっせと複製準備の巻

去年もこの時期になると更新頻度が落ちましたね~


前回の記事の日付見て自分で悶絶しましたが、今アマテラスのクリスタルレジン化のために、粘土にせっせと埋めて、シリコンを流し込む作業をやっています

IMG_0426.jpg

それで、本当は2日で終わらせる予定でしたが、4日かかってまだ終わっていません。



。。。。



ここにきて3日のオーバーです。



。。。




うぇ。。。。

IMG_0424.jpg


全く、、、何缶買わせるんだ。。。

今のところ、今回の作品で、シリコン1Kgを 9缶買っていますが、明日さらに4缶、買い出しタイムロスを避けるために、5缶買います。さらに、クリスタルレジンも足りなくなる可能性があるので、8000円のやつを一缶買います。総額

26000円くらいかな。。。


。。。

いやいや、、ここまででシリコンだけで3万以上かかってるのに、、、
IMG_0420.jpg
IMG_0421.jpg
IMG_0419.jpg

で、黄色いのは、、




これは粘土状のシリコンで、通常の型では抜きにくい形状のパーツを抜く時に使用します。これモ高い!!


まあ金は何とかなると信じるしかないわけですが、それよりも、、、

クリスタルパーツを、どうやってパーティングライン消して、クリアに表面処理するんだ!!ということ。


まあやすりで磨いて、コンパウンドで磨いて、、、、なんてやってたら間に合わない!ということで、1000番くらいまでやすったら、ラッカークリアー吹いて、何とかごまかそう!というなんちゃって技で何とかなるらしいので、それでいきます。

IMG_0425.jpg

これだけじゃないですよ(笑)アマさんは、、、この倍あります。これの反対には粘土があるので、明日粘土を排除し、大量に買う予定のシリコンを流し込んで、明日ようやく型完成の予定です。

で、20日に、ようやくクリスタルレジンを流し込んでいきますが、クリスタルレジンは、硬化になんと2日かかります。爪は8本。8回流し込まないといけない、、つまり、爪をすべて抜き終わるまでに、

16日かかります。

。。。



あれ???



あれれ??????



。。。









imported-2.jpg




あとは、ベース。


最近始めたんですが、これも絶望。予定を大きく変更せざるを得ない事態に。。。これはもうどうしようもないな、、、


。。


暗いことばかりでごめんなさい。


去年は間に合わないと言いながら結局間に合うという感じに落ち着きましたが、今年はマジで間に合いません。

東京に行きたい理由もあったのに。。。まじで今回は無理そうです。


凄腕モデラーの方の中にも、今回は見送るということで話題になっている方もいるくらいです。



。。。


応援していただいた皆様。本当にごめんなさい。

次に更新する頃には、完全に諦めるかどうか決まっているかと思います。

とりあえず今は、やることもないので、実直に毎日ベストを尽くしますね、、、爪、間に合わないのに。



あ~~その前に!!!


19日!!更新します!!!!


それは久しぶりにハッピーは記事なので、、、、お楽しみに!!!((*^。^*)

スポンサーサイト

GBWC2017 制作記47 アマテラス最終表面処理完了!!、、、のはずが。。。

今アマテラスにサフを吹いたところで、乾燥待ちなのですが。。。


まあその前に、、


オロチの口の中を。
IMG_0400.jpg


これは、、、
IMG_0404_20170813164835198.jpg
IMG_0405_20170813164820e00.jpg

ギャンのバックパックと、
IMG_0403_20170813164833b96.jpg

レギン、、、オルフェンズのやつ。覚えられないな~~いつまでたっても。。

先はグフのヒートロッドを使う予定でしたが、こっちの方が蛇っぽいので、こうしちゃいます。

IMG_0402.jpg
IMG_0401.jpg

といっても、これは空いた時間にチョコチョコやっていこうと思いますので、まだまだ途中なのです。


で、

IMG_0408_20170813164824bcb.jpg
IMG_0406.jpg

アマテラスの軸を強化。前にも載せましたが、さらに太らせます。

クリスタルレジンに置き換えた後ではもうどうしようもないので、今のうちにね、、
IMG_0407_2017081316482389d.jpg

あと、これは軸穴。地面にアクリル棒を挿して、アマテラスは股間部分に刺すわけですが、これは取り外せるようにしないといけないので、強度、角度、進行に調節しています。



さて、、


アマテラスを洗浄して、複製前の最終表面処理。サフを吹いてみたのですが、、

IMG_0409_20170813164818fce.jpg
IMG_0411.jpg
IMG_0410_20170813164852d8e.jpg

これ、わかりますか??


パテの部分が、細かい微細な穴が、数えきれないほど空いてます。


原因は、古いパテを使っていたこと。

マジックスカルプの最後の最後、なくなる寸前の硬くなったものを、アマテラスをいじっていた頃には使っていました。マジックスカルプは大量に入っているので、使い切るのに1年以上かかります。

完全に誤算っす。。。


アマテラスは、クリアになることを前提で作っていたので、スサノオよりオロチより何より表面処理命で制作していました。

ですが、それだけじゃなく、他にもぼろが出るわ出るわ。。。

予定では今夕方の4時半。夕食後に粘土を引っ張り出す予定でしたが、今日は朝までかけて表面処理のやり直し、洗浄、明日の昼過ぎに再度表面処理サフ、問題ないなら今から24時間後くらいに粘土埋め、、、


丸1日予定がずれた、、、といえば大したことないように感じますが、心は完全に持っていかれました。。。。どうしましょう。


しかも、こういう細かい穴は、埋めるのが実は大変。細かいペーパーでこすり、粉で穴を埋め、サフ。。。これを何度か繰り返し消していきますが、一発でいかないのでまあストレスのかかる大嫌いな作業です。


。。


、、、



あ~~また愚痴になってますね。。。ごめんなさい。。。皆様のお盆をけがしてしまって。


昨晩はユーチューブを見ながら寝ました。

頭の中でベースはもう何度も作っています。最短でミスなく作れるように。


あと、、、


17日!!!!!


2週間ちょい!!!!

。。



















imported-2.jpg

GBWC2017 制作記46 日輪!

今日朝机に向かったら、、

IMG_0386.jpg

。。。



あ~~、、、あのね、丁寧に乗っていた車を、駐車場でこすった感じ。

最近変えたばかりで、大切に使ってたのに、、、、一気に愛着が失せますね。。。

それにしても、、
IMG_0387.jpg


エナメルでよかった(*^。^*)



てなわけで、いよいよスサノオを彩る最大の見せ場日輪です。
IMG_0388.jpg


はい!!こうなりました!!

といっても、外周についている突起には、複製したパーツがかぶさるようにくっつきますので、より壮大なものになります(*^。^*)


で、昨日言っていた、、、
IMG_0383 (2)

これ!!これね、紙に書くと、グリーンのインクはしみこんでいき、シルバーの粒子だけが紙の上に残るという特殊なもので、、、


でも、プラの上に書いてもしみこみようがないですから、筆や塗装では表現できない独特な表現ができるのです。これは自分で発見しましたよ~~(*^。^*)
IMG_0393.jpg

でこの模様は、なんとなく古代文字を意識して書いてます。実際に合ったものを調べましたが、どうにもデザインが気に食わなくて、、、


で、クリアーはUVクリアです。おそらく水性のペンですから、紫外線による経年劣化の可能性があるため、UVクリアでまもってあげましょう。

これ、ペンだからできる丸みというか、不揃いな感じというか、、、、PCでデータ作ってプロッタとかデカールでやろうとしても、この味は出ないです。絶妙なムラ!!我ながらファインプレーです!!

で、文字の間の空間は、、
IMG_0389.jpg

これを貼ろうとしてました。これに紫外線で固まるクリア(ド忘れした、、、)で、ドーム型にして、、


でもね、、、
IMG_0390.jpg

今日買ったんですが、これ、まさかの不良品??でした。シールの糊が劣化しているのか、、ベタベタでなかなか台紙からはがれなくて、透明度がシールに全くありません。

悔しいので、メーカーに電話して送ってもらおうかな。。。

というわけで、

IMG_0399.jpg

こんなこともしました。

といっても、こういうデカールはあくまで控えめに。スサノオはここだけにしておこうかな。。。まあまた考えます。

(今気づいたけど、なんか顔みたい、、、)


はい!!

スサノオほぼ完了です!!!


組み上げに2日かかかるでしょうが、パーツは問題なくそろいましたので、、、

明日から、、、


アマテラス!!!

パーツはほぼ出そろっているので、表面処理、そして、、、、本体を台に固定する棒!!!これ、かなり厄介でした、、今やってるんですが、、、なかなか今になってしんどい目に会ってます。。


明日はアマテラスのその棒、表面処理して仮組でもして、久しぶりにアマテラスの姿を見てもらおうかな。。。??


お盆、楽しんで下さい(*^。^*)

GBWC2017 制作記45 スサノオ塗装ほぼほぼ完成!?

いつの間にか去年のGBWC記事を越えてましたね(^_^;)

製作記も過去最長です(^O^)

まだまだ書いていきますので、お付き合いください(*^。^*)

IMG_0374.jpg

昨日赤でダメだったところは、弁慶のサイドスカートのブラックで。やっぱりやってよかった。。。。
IMG_0376.jpg

肩も同様です。
IMG_0375.jpg

リアスカート。

このひし形の部分。どうしようかずっと悩んでたんですが、ターコイズ系のグリーンで。いろんな塗料を重ねてます。二度と作れません。、、このままじゃ目立ちすぎるんで、デカールでおしゃれします。まあ背中ですし、これくらいアクセントがないと。。。
IMG_0377.jpg
IMG_0373.jpg

鎧は正直満点です(*^。^*)
IMG_0385.jpg

ゴールドはこことアンテナのみ。本体はね。。。
IMG_0379.jpg
IMG_0382.jpg
IMG_0381.jpg

身体は、胴体は黒、それ以外はホワイト3色塗り分けです。本当に白いガンダムですね!我ながらイカしてます!!


というわけで、今朝の6時。スミイレはやったんですが、もう一度スミイレをやり直しながら、細かい塗り分けをやっていきます!


そして、今日中に本体を終わらせ。。明日からは、、、

日輪!!!


そして、
IMG_0384.jpg


こいつをどこかしらで使います!!!なんと水性ペン!!!

意外でしょう ̄~(*^。^*)

我ながら面白いですよ!!サンプルも成功です!!どうぞお楽しみに!!!


P.S.

LEDネットで注文したんですが、まあやっぱり実物見ないとだめですね(^_^;)

ほとんど思ってたのと違うものでした。。。やっぱり一回大阪に買いに行かないとダメなようです。。。

丸一日使うんで、ホントは行きたくないんだけど。。。。も~~~。。。参った。。。。(^_^;)

GBWC2017 制作記44 スサノオ塗装開始!鎧編

最近は時間がないと連呼してるくせに、やたら更新してやがるな。。。と思っているあなた。


そのとおり。


まあね、これ書いてる時間というのは、なんかこう、、、ストレス発散というか、落ち着くのです。
文才があったら、物書きに向いてると思うんですが、、文才が欲しい。。。


というわけで、いよいよスサノオ塗装編です!!!やった~~(*^。^*)

スサノオのメインカラーは


シルバー


これが基本。

でもね、、、全身白系になると、ぼやっとした印象になりがちです。

全身白のMSはいくつかありますが、やはりどこかぼやっとした印象を受けます。

でも、僕の中にあるスサノオは、やっぱり白なので、、、白でいきます!!


まずは、、、鎧から。

全身の鎧をまず決めて、それを基準にバランスを取り、腕や胴体を決めていきます。
IMG_0358.jpg

淵をシルバーで塗装。で、マスキングして、
IMG_0360.jpg

中をホワイト。黒立ち上げです。白のあとに、パールホワイトでコートしてます。で、、

IMG_0363.jpg

こう!!!
IMG_0367.jpg

シルバーは少し青みがかった冷たい印象のシルバー、ホワイトはEXホワイトの白立ち上げ。
IMG_0365.jpg

どうですか??ぼやけてます??ボク的には、、、


カンペキ!!!!これが欲しかった!!!!!


いや~~安心です。全身の鎧をこんな感じでいきました!!で、、アクセントに差し色として レッド を

IMG_0369.jpg
IMG_0368.jpg

。。。









、、、、、、




このレッドは、義経のレッドです。結構時間かかるんです。大変なんです。



、、、、


正直、、、、いらなかった、、、、、、かな。。。いや、これはこれでかっこいいんですが、僕のスサノオにはちょっと合わないかな、、、


乾燥したら、ブラック系にしたいと思います。黒のラップ塗装かな。。。もしくは、弁慶のサイドスカートか。。。とにかく、赤はいらなかったです。

IMG_0356.jpg

ちなみに、スカート裏も義経といっしょ。これから塗り分け、スミイレしていきます。



今夜の1時半。これから(あ~生活リズムはとっくに崩壊してます。)赤をつぶしてブラック系に変えて、本体のホワイトを塗っていきます。

全身ホワイトと言いながら、どこかで差し色を持っていかないと、やはりね、、、


てなわけで、なんとなく見えてきました。絶望的ですが、まだまだ諦めませんよ!!!


GBWC2017 制作記43 オロチヘッド

今スサノオの乾燥待ちで、今のうちに。。。ということで、

オロチの頭の記事を書いておこう!ということで、、、


それにしても、オロチが一段落したことで、僕の中で何かが、、、

「あ~~。。。燃え尽きたな~~~」
感が、、、、いやいや、、これからだぜ!!!!ということで、、、

IMG_0317_20170809015443ce3.jpg

口の中。だいぶ大げさに生物感を出してみました。ゴジラをイメージして、、、

歯同様、生物感と機械を融合したイメージを目指しました。
IMG_0319.jpg

下あごも、、、
IMG_03480.jpg

で、、

IMG_0161_201708090153377bd.jpg

LEDはこんな感じで発光させます。透明レジンだからこそできた構造ですが、
IMG_0311.jpg

TOP部分に、マスキングガムというものを埋め込みます。これで中に塗料が入るのを防ぎます。入ってしまうと光が止まってしまいますからね、、、でも、みなさん、ご注意を。
IMG_0315.jpg

レジン用サフに反応して、ガムが膨張??してしまいました。もう、、後でコレ取り除くのに、マジで1時間かかりました。ラッカーならこんなことにはならないと思いますので、何事も使いどころです。
IMG_0320.jpg
IMG_0321 (2)

マスキングを何度も何度もやります。ちなみに、このマスキングゾルはがすときに、豪快に塗装が剥げました。ご注意を。。。。泣
IMG_0325 (2)

淵も。このマスキングゾルも豪快に塗装はげました。あ~~、、、、キツイ。。

IMG_034400.jpg

ちなみに、レジンを扱う場合、接着剤を使用する場合、接着面は塗装をはがしておかないと、あとあと泣きを見ます。ご注意を、、、

で、クラックやって、、、
IMG_03407.jpg

こうなりました。シルバー系ですね。

目の周りの彫りに、塗料が入ってしまって、ふき取りに手こずった。。。これは、溝に入れていたマスキングはがした時に、淵の塗膜がはがれてしまって、修正すつついでにはったことなんですが、、、まあ光るので、気にならないかな。。。

IMG_0320 (2)

で、その淵の周りを一段暗い色でなぞりました。

下あごの関節部分の丸い部分に金属パーツ貼り付けたり、舌つけたり、耳??部分の丸ノズルに何か埋め込んだり、、、何かといろいろやることあるんですが、、、、とりあえずそういう面倒なのは最後にまとめてやります。

目に黒い縦ラインを書けば、かなり蛇になると思います。

LEDは、今前方30度を照らすものを使用していますが、明日120°を照らしてくれるものが届くので、より光ると思います。



というわけで、


今義経の鎧を塗装しています。

とにかくね、、、、決まらないですね~~~考える時間がとにかく長い、、、

、、、あ~~ここからは愚痴になりそうなので、このへんで。。。

あと、

今日ちょっとうれしいメールを頂きました。

今月中に発表できるかと思います!

次はスサノオ塗装編です!!お楽しみに!!!!(*^。^*


GBWC2017 制作記42 いよいよオロチ首ロールアウト!!

昨日の記事は申し訳ありませんでした。




長いですよね(^_^;)



2日かけて書いたものなので、読み返したら自分でもうんざりものでした(^_^;)


というわけで、


今回もなかなか長いです(*^。^*)



まずは、、、今スサノオのスカート裏の塗り分けをしています。マスキングしたいのですが、乾燥待ちで動けないので、今のうちに


オロチの首後ろアーマーを書いておきましょう!

IMG_0321.jpg

まず、頭同様クラック塗装です。

これ、、、メタリックパープルをためしに入れてみたんですが、、、これ、どう思います?やっぱりなんかダサいんですよね。。。。だもんで、ここも頭と同じように、パープルなしで!

で、クラックメディウムが乾燥して、マスキングをはがしてほぼおしまい!!!!

IMG_0322.jpg


。。。。



え??、、、


汚。。。。。。。。。。。


まずキングゾルは水溶性。メディウムもおそらく水溶性。乾燥したはずのマスキングゾルとメディウムが、溶け合って混ざってしまったのか、、、もうね、、、、絶望です。


これ100はがすのに、 5時間。
IMG_0325.jpg

で、しょうがないので、クラックをマスキングして、黒を塗り直します。

まあちょうど黒が濃すぎるかな、、、というのもあるので、これをいい機会だととらえて、若干明るい黒に修正します。

もちろんマイナスモールドにもポンチで作ったマスキングを貼るわけですが、
IMG_0328.jpg

クラックをはがした時に、境目が非常に汚いことが気になりました。なので、筋に添ってデザインナイフをV字にいれて、パネルラインを綺麗に整えました。

この黒を塗装するために要した下準備に5時間。
IMG_0327.jpg

こうなるのです。


で、マスキングをはがして、今度は、、、

IMG_0332.jpg

赤いアクセントを、200か所、ちまちま塗っていきます。こういう時は、指の爪をパレット代わりにすると、非常にやりやすいです(*^。^*)
IMG_0335.jpg

綺麗だな~~~、、、ちなみに淵のシルバーは最初にやっておいたのです。。


というわけで、、、

IMG_0336.jpg

首、、、ロールアウト!!!!!!!!!!!!!!!!!
まあ実は紫のS時にラッカークリアーを塗るというのはまだなんですが、、、完全に乾燥させたいので、、、もうちょっとメディウムを放置します。


長かった。。。。。。。。。。。。。316個です。もうね、白状しますが、表面処理から塗装完了まで、桜の比じゃないです。完全に桜を越えました。あれ以上の苦行なんて、一生ないだろうと思っていたのに。。。がんばったな~~


で、頭は、、、



これは次回にしましょう(^_^;)長いしね。。。


あと、歯なんですが、ちょっとグラデが強すぎるので、クリアーホワイトというガイヤの塗料を見つけたので、コートしてみようと思います。

スサノオに今入っていますが、台風も運よく神戸を外れてくれそうなので、今夜には基本塗装をほぼほぼ終えたいかな、、、


何とかします!!!何とかしてやる!!!!!!!!!!成せば成るのだ!!!!!

GBWC2017 制作記41 いよいよ頭部!! クラックルメディウムの使い方!

さてさて、いよいよ引っ張りに引っ張ったオロチの面白ろい塗装方法についてお話しましょう。


それは、、、


クラック塗装 と呼ばれるものです! (クラック技法?)
IMG_0183_20170727014039d89.jpg


これはWildRiver’s G-WORLD  という  Wild River荒川直人先生の作品集にやり方が記載されているもので、その名の通り

塗装面をわざとひび割れさせる という技法です。



この本にはわかりやすくプロセスが書かれているのですが、それだけでは不安な部分があり、実は静岡ホビーショーの時に荒川先生に直接質問させていただき、その情報も含めて今回挑戦しよう!ということなのです。

ガンプラでこの技法を使うのは、そんなにあるものではなく、でもオロチの蛇の質感にはバッチリあうだろう!と思います。

何と!先生にお話したところ。

「あ~~それはおもしろそうですね(^O^)」

というお言葉もいただいたので!まちがい!なし!!!!なのです!!!!


でも、この技法、恐ろしく難しい。そして今回、何がネックかというと


①8頭同じくらいの割れ方をしてくれないと違和感が出る

②割れた時に見える色が、アクリル塗料にない色を使う



さてさて、、、②が訳わかりませんか?


このクラック技法、なんとアクリル塗料しか使えない!とのことです(確認はしてません。。)



4107wqpHC2L__SY355_.jpg

先生曰く、ラッカーは塗膜が固すぎて、うまく割れてくれないのだそう。

で、今回僕は、割れ目の色に、

「メタリックレッド」「メタリックパープル
を使用しようとしています。

これはラッカーにしかない?色で、、、

でも。。。こうも思いませんでした?

「え?割れたときに見えるということは、メタリックパープルは割れなくていいんだから、別にラッカーでもいいんじゃないの?」






答えは NO です。




なんと、割れ目から見える色さえも、アクリルでなければいけないとのこと!

これは大問題。。。どうしたものかと頭をひねっていると。。。。


とにかく実験!
IMG_0220.jpg


こういうことです!!(写真はメタリックレッド) 



どうでしょう??似合うでしょ!?!?


これはまあサンプルなので、どんどん行きます!

これ、わかりますか??

左は メディウムを少なめにして、常温で放置したもの

右はメディウムを多めに塗って、乾燥機で温めたもの
IMG_0184_20170727014031345.jpg

ここまで違うのです!!(色が違うのは関係なし)


さらに、塗膜を完璧に乾燥させてからと、若干乾ききってない状態で塗るかでも変わります。

さらに!

左が 縦に筆をはしらせたもの

右は 叩くように塗ったもの
IMG_0220.jpg

。。。


えらいこっちゃ。。。たまたまわかりにくいけど、実際大違い。

で。。

紆余曲折たどり着いたのが!!


①レジン用 黒サフ

②ラッカー シルバー

③ラッカー メタリックパープル

④アクリル クリアー

⑤アクリル メタリックグレー

⑥アクリル メタリックグレー+グラックでグラデ


④がキモ!!!

要するに、アクリルのクリアがないと、ラッカーのパープルが見えてほしいのに、ラッカーが固いせいで割れてくれないので、アクリルのクリアを挟むことで、アクリルのクリアーの上のメタリックグレーがわれて、クリアのしたのパープルが見える!ということ!


この方法なら、


割れ目から見えるカラーが、ラッカーで存在しているカラーならなんだって行ける!ってこと!

何がすごいかわかりにくいと思いますが、自分で思いついた時、悶絶しました。


てなわけで、こんなまとめ!!!

名称未設定-3

※ 最後の 白が見える は 黒が見える の間違い!

間違ってたらごめんなさい!!みなさんの割れ目ライフの一助になればと。。。

ちなみに、ここ大事!!


カンペキに乾燥させてからメディウムを塗りましょう!!!

そうじゃないと、割れ目から見える色に、その上の色がうっすら移ったりします。この場合、アクリルクリアに、、シルバーの粒子がうっすら移ってしまいます。(クリアが溶けて、上のメタリックグレーの粒子とくっついてしまった??)
IMG_0189_20170727014014283.jpg

これは多分そう。色がほぼ見えない!(あくまで自己分析!)




というわけで、挑戦される方は、必ず大量のサンプルをためし、研究してください!地域、季節、天候によって、本当に変わります!


何とかコントロールできた?と結論つけたので、そろそろ本番しますが、次の記事は首です!
今日12時間かけて地獄の作業しましたので、その辺のことを書きましょう!


それでは!!



今回の記事は、あくまで実験で導き引き出したものです。その結果の原因が、7実は別のところにある場合もあります。試す場合はあくまで自己責任でお願いいたします。













はい。









ここまでは、実は数日前に書いた記事です。


ここからが今日書いた記事で。



ここまでの記事を覆す豪快な内容となっています。



。。。




というわけで、頭はクラックルメディウムを使用し、ヘビの表皮を表現しようとしているわけですが、今日なんとか頭部をロールアウトできる予定です。コレ書き終わったら、仕上げます。


本番にいこうとして、

「やっぱりもう一度練習しよう。」


ここにくるまで、正直極めた気でいました。コツをつかみ、あくまで最終確認のつもりで、、、










豪快に失敗。




割れ目からパープルが全く見えない




うそっしょ??。。。。

このやり方は、おそらくクリアが上のメタリックグレーと同化してしまったこと、塗膜の厚さ、気温、メディウムの塗り方が、何かどこかで違っていたのだということだと推察します。

この塗装は、失敗ができません。もし失敗すると、もう間に合いません。

何か別の方法で、パープルが見えるようにしないと、、、




というわけで、



表面をウレタンクリアーで保護し、乾燥後ラッカーのメタリックパープルを吹いて、スミイレの感覚でふき取れば、割れ目にパープルが残り、同じ効果が得られるのではないか!!!



結果は、、、、


大成功!!!!!いや~~~~たぜ~~~~~~!!!!!!!!!!!!

もうね、悶絶級にうれしい!!!!!自分で発見しましたよ!!!!!




で、とりあえず頭3つほどやってみると。。


「あれ??、、、、なんか。。猛烈にダサくない??。。。。」


あのね、綺麗に入りすぎるのか、なぜか猛烈にダサいのです。


まあ写真忘れたので(ショックすぎて)



というわけで、、、
IMG_0001_20170807003926dca.jpg
IMG_0013_20170807003926565.jpg
IMG_0342.jpg
IMG_0340.jpg
IMG_0341.jpg


これで完了!!!



どないやねん!!!!!

結局荒川先生と同じやり方で。。。。(ウレタンは除く)

まあようするに、この状態でウレタンを吹いたんですが、 こっちの方がかっこよくね?? という結論に至り、結局これでいこう思います!!!

IMG_0318.jpg


でいま、光が漏れる部分をリタッチ、目のカタチをスミイレでコントロールしています。


とまあ、引きずったわりに見たことある!!って言わないでください。。。。自分的には、十分満足な結果です。


頭部は大変でした。ゾルを大量に使用したのですが、まあはがした時に塗膜がはがれるはがれる。。。リタッチどころではない。。。なんでだろう、、、綺麗に洗ったのに、、

何か月も前から計画していたものを諦めるのは悲しいけど、結果もっといいものができたと思います。オロチのダークなイメージがこっちの方が出ると思うし、胴体のパープルで十分パープルは足りてると思います。


てなわけで、ここまで書いておいてなんですが、前半のやり方をやるのはオススメしません!!あくまで自己責任で!!






今回はいろんな経験、教訓を得ました。


結果違うものになったけど、これがコンテストの良さ。


新しい挑戦のキッカケになる


一応今年でコンテストはいったん卒業予定です。なんとかこの塗装で、見ていただける人たちに、インパクトを残せたらな、、、



つぎは、首後ろアーマーか、頭のプロセスでも書こうかな??

GBWC2017 制作記40 歯 できたよ~~

まさかもう更新してるとは!!思わなかっただろう”?”?!?!?!?


というわけで、今日はオロチの歯を仕上げました!!

これはね。。。見て見ぬふりし続けた難物でしてね。。。かなり時間がかかるだろうと憂鬱に思っていたのですが、、、やってみたあっさり半日でしたね(*^。^*)


まずは、、、
IMG_0293.jpg


割りばしに両面テープ、同じ大きさのものを貼り付けて、一気にレジンサフ。それを、、、
IMG_0295.jpg

わざわざ串に置き換え。これはね、、なんでこんな面倒な事してるかというと、まあエアブラシの特性を理解してくれている方は分かると思うんですが、、
IMG_0297 (2)


根元をクリアブラウンで。これ、根元に吹こうとすると、串にしとかないとまずいんです。説明は。。。割愛!!


で、その後、クリアにクリアオレンジを少量混ぜたものをコートして、、、
IMG_0301.jpg

これは上あごの前歯。これのみディテールを入れてますので、塗り分けます。

まずはマスキングゾル。。。
IMG_0304.jpg
IMG_0303.jpg

でブラックで!
IMG_0305 (2)

でシルバーで!!!この後クリア―コートして、、
IMG_0300.jpg
IMG_0307.jpg

はい!!!!出来た!!



歯はね、、、最初はホワイトにしようと思っていたのですが、なんかね。。塗装が進むにつれて、綺麗な歯が14本も生えてるなんて、なんか違和感が。。。

あと、シルバーにするのも、、、顔は大半シルバー系なので、素材というか、質感を変えたかったのです。

で、


スミイレをしていると、最後の一個。

IMG_0310.jpg

。。


先端を研ぎ澄まして、シャープに頑張ったのに。。。。あのね、、、、音なんかないですよ??

「フワ。。。」

的な???


、、、



あ~~


余計に3つ作っておいてよかった(*^。^*)

てなわけで、明日ウレタンクリアがまあ乾燥するはずなので、そっちをやろうかな。。。スサノオは乾燥完了して眠ってます。
今日塗料も買ってきました!

明日オロチヘッドをロールアウトして、いよいよオロチの頭についての記事でしょうかね??

やたら引き延ばして焦らしてますが、その価値はあると思いますよ??我ながら、いい感じに進んでます!



あと、気分次第で、大阪日本橋にLED関連の買い出しに行こうとおもっているのですが、時間も金もかかるし、どうしたものかと。。。ネットで注文しようにも、実物見ないとわからないんですよね。。店員さんにも聞きたいし。。どうしよう。。。。丸一日捧げるのは無理があるな~~、、、泣


というわけで、次の記事はオロチの頭だ~~~!!!(多分ね。。。いや、、やっぱり、、、)

GBWC2017 制作記40 首塗装②

前回の記事の拍手の多さは、、、

「諦めるな!がんばれ!!!」

という皆様からのメッセージト受け取ってもよろしいのでしょうか!?!?

というわけで、最近テンションダダ下がりのテンションで皆様を沈めてしまっていたので、今回は、、

アゲアゲでいきましょう(*^。^*)

まずは前回の続き!!
IMG_0289.jpg

首のメディウム。、、これね、乾燥するとかなり量が減るというか、ペタっとなるので、乾燥後にもう一回塗りました。

で、ここでうれしい誤算。

どういうわけか、乾燥したら中心がへこんだ状態で乾燥しました。本来なら平らにならなくて

「ぎゃ~~失敗じゃ~~~~!!!」

となるところでしたが、この凹み、凹凸が、かなりいい感じの味を出してくれて、オロチのドロドロとした空気感にマッチしてくれました!

本当はジェルメディウムで表面を凸凹ににしようとしていたのですが、透明度に欠けるのと、100個やるのはしんどいので諦めていたのですが、、、勝手になってくれましてね、、、こればかりは神降臨!!!でしたね!!

で、、
IMG_0288.jpg


ロールアウト!!!!


。。。

といっても、実はこのメディウム、経年劣化があるそうで、さらに表面が軽くべとつきます。なので、さらに完璧に乾燥するのを待って、筆で
321.jpg


これを塗ろうと思います。

経年劣化の原因なんて、大抵紫外線なので、、、、これでべたつきと経年劣化を防ぎます!




さてさて、、次は、、、、後ろアーマー!!

まずは、マイナスモールドに、、、
IMG_0291.jpg
IMG_0292.jpg

パンチで作ったマスキングテープを
IMG_0294.jpg

200個!!!この上から塗装し、それをはがして、さらに一回り大きいテープをくりぬいて、
IMG_0297.jpg


また200個!!!マイナスモールドは二重構造にしているので、塗り分けます。

(もう筆の方がいいんじゃ、、、とげんなりしたけど後も祭り、、、)
で、その周りは黒で塗装しましたが、パーツ中央の段々モールドを彫っている個所を塗装するために、、、
IMG_0308.jpg
IMG_0309.jpg

マスキングマスキング、、、、、、あ~~これはきつかった、、、


で、ここは実は頭と同じ塗装をします!!!!カッコイイですよ!!



で、ひとまず置いといて、、、、前アーマー!!!!!
IMG_0298.jpg

まずは淵をガンメタカラーで塗装して、それをマスキングゾルでマスキング。これを左右それぞれ100個!!
で、それ以外をブラックで塗装して、、、、

IMG_0022_201708032305339f1.jpg

中央の、これはオロチの  に当たる部分。これは、グレーにシルバーを足したものを吹くのですが、、
IMG_0023_2017080323053468e.jpg
IMG_0024_201708032305351fd.jpg


これがまた、、、地獄。。。。。じごく。。。。。。。。テープじゃ難しい所はゾルで。。。100個ね、、、もちろん、、、

IMG_0026_20170803230533c21.jpg
IMG_0028_20170803230647a2f.jpg

で、真ん中のラインは、わかりにくいけどクリアレッドで。



で、この後両サイドの個所もマスキングしてほかの色にしようと思っていたのですが、結局真ん中と同じ塗装で。


で、塗装が完了し、マスキングをはがすのに、、5時間。


はがすのにですよ、、、マスキングするのにはもっとかかったのは分かっていただけますよね”?”?”?
IMG_0046_20170803230650ed1.jpg
IMG_0042_201708032306473e2.jpg


ハイ!!!ロールアウト!!!このパーツは正真正銘ロールアウト!!!!
後ろアーマーはヘッドと同時にやるので、、、

IMG_0045.jpg

で、問題の頭ですが、実は今。、



ウレタンクリアーを吹いてます。


。。



!?!?!



え!?!?!


鏡面仕上げ!?!?!?!


と思ったあなたは、実に模型レベルのお高いお方のようで。。。

でも、、、


全く違います!!!


これは実は問題を解決するために編み出した裏ワザでしてね、、、、本当はこんな工程踏まなくていいんですが、、、まあ見ていてください!!!もうしばしお待ちを!!


というわけで、ウレタンクリアが乾燥するのは3日間。しかも、今回は完璧に乾燥させないと次へ進めません。

昨日と今日吹いたので、しばらくはオロチは放置しなければいけません。


てなわけで、


今夜の11時。

これから

スサノオを洗浄です!!!


豪快に遅れた!!!!



まあ救いなのは、1/144なのと、RGの割にパーツが少ないということ。。。

今回のスサノオは、


メインカラー・・・ ホワイト シルバー 
アクセント ・・・シャンパンゴールド
差し色・・・朱色 クリアグリーン


てな具合にします。

まあ全身白のイメージが皆さんおありなのと、オロチがブラックなので、正義の主人公は白だろう!!ということで、まあできるだけぼやけないように気を付けながら、、

行き当たりばったりで塗っていきます!!

というわけで、洗浄だ~~(*^。^*)