fc2ブログ

エアブラシ紹介レビュー GSIクレオス  & タミヤ

さて、塗装には欠かせないエアブラシ。

初めて購入してもう6年くらいになりますが、
この6年で 3本 買いました。

ここで、僕の相棒を紹介しておきましょう!

IMG_6487.jpg

プロコンBOY PS264 ダブルアクションWA


はじめて買ったエアブラシです!

なぜこれを最初に選んだかというと・・・

①まさに万能!!

ダブルアクションなので、細かいエア調節が可能。
0.3mmの一番使い勝手がいいモデルです。

クレオスのエアブラシは、タミヤとならんで本当に高品質で
使いやすいので、もうゾッコンです!

②値段も手ごろ!

1万円を切るこのコスパ!!

始めてエアブラシを使うときは、いろんなことやりたいですよね??
迷彩塗装、グラデーション、べた塗、、、そのすべてに
ちゃんと対応できます!!初めての1本にオススメです!

IMG_6485.jpg

プロコンBOY PS290 LWA トリガータイプ 0.5mm

二本目に買ったモデルです。

金属塗装をする際、本体の中に金属の粒子が残ってしまった状態で
次の色を吹いてしまうと、かなりヤバいことになってしまうので、
金属カラー用のものがほしい!!てな感じで。
しかも初めてのトリガータイプ!

①0.5mmの口径による豪快なパフォーマンス!

自分は金属用に買いましたが、大きなパーツ、
1/350の艦船モデル、1/35 戦車模型など、大きなパーツは
もう缶スプレーの1歩手前くらいに豪快に吹けます!!
サフ用にもいいかと思います!

②でも応用力もあり!

0.5mmなので、細かい迷彩塗装や、入り込んだ場所などは苦手ですが、
普通に使用する際には十分に対応できます。

自分は一時期これ一本でやってた時期もあります。
2本目に本当にオススメです!!

IMG_6486.jpg


タミヤ エアーブラシ HGトリガーエアーブラシ 74510

なぜこれを買ったかというと・・・

①なんといってもトリガータイプは使いやすい!

これまでメインで使っていた一本目は、長時間使用していると人差し指が痛くなったりします。
ですがトリガーはとにかくやりやすい!しかもダブルアクション!
今はこれをメインに使ってます!

②カップを交換できる!しかも安い!!

これが実は1番の理由!!写真は交換後です。

この大きさのカップに交換できてしかも安い!
いろいろ調べましたがこれがベスト!!
これも初めての1本にオススメです!!

最後のクリアーや、調色したサフなど、
いちいちカップを開けて塗料を継ぎ足す手間が省けます!

ただ、迷彩塗装など、細かい作業に関しては、
最初のモデルの方が、人差し指がノズルに近い部分にあるのと、
トリガーの方が微調節が難しい?(ボク的には)
なので、戦車模型の迷彩やウォーターラインの艦船など、
細かい作業をやりたい方は最初のモデルでもいいかと思いますが、

自分的にはこの3本目が本命です!

これだけあれば、クリア前の本体掃除や、金属塗装前の入念な掃除
など、溶剤をなんだかんだ節約できますし、
「この塗料は置いといて、ほかの色をまず吹きたい!」
とか、いろんな場面に対応できます。

さらに!!

複数使用する際は、いちいち付け替えるのは面倒・・・

81blK0ANitL__SL1500_.jpg

これさえあれば、まさにワンタッチ!!!

いや~~革命です。

最初のモデルは6年たった今でも何のトラブルもなく使えてます。
それを考えれば決して高い買い物ではないと思いますので、
ぜひ2本目、3本目、考えてみては??







スポンサーサイト



電撃ガンプラ王2015  ⑰ 最後の製作記

さて、興奮も落ち着き、2日連続11時間寝たもんで、
余計にしんどい感じになっていますが、

最後の製作記といたしましょう!


胸のLEDは、塗装より前に、仕込んでいました!

プラ版、パテで光を遮断し、万全を期したのですが、、、、

この段階で、あるミスを・・・

あまりにも光りすぎて、直視できない!!!

組立時は、光っているかの確認ばかりで、光量を全く確認しなかったので、
組み上がって、ベースに固定して、配線処理してさあ点灯!!!!

・・・歓喜の瞬間になるはずが。。。

「ヤバい・・・眩しすぎて目やられる・・・」

結局、蛍光グリーン+クリアグリーンを、レンズの表に吹いて、裏に
かるくスモークグレーかけて。。。この答えに到達するのに、
買い出し含め8時間・・・半泣きです。

IMG_6190.jpg
で、手洗いしたのち、サフを吹いたら・・・

気泡!気泡!!気泡!!!!!

ジョーダンでしょう!?!?!

・・・気泡処理に6時間くらい?。。。もう記憶にありません・・・

ちなみに今回は、ボークスのレジン専用サーフェイサーを使用。。。

31ychz-KZDL.jpg

これヤバいです!!!すごいです!!!!定着半端ないいいい!!

レジンを制作する際、一番神経を使う下処理。
何回マスキングテープでペりぺりしてもはがれない!
プラ材には使用できないとの注意書きがありますが、納得です・・・・

かなり強い溶剤を使用しているようです。

ただ、均一に吹くのがかなり難しいです。さらに、換気を完璧に!
十分気を付けてください!!!

IMG_6197.jpg

さて。。。

IMG_6275.jpg

これは、スイッチ!

裸のままだといけなので、シャアザクの肩の部品を元に製作。
まあ見えないので・・・

IMG_6279.jpg

で、完成品を裏から見たらこんな感じです。

もうめちゃくちゃ・・・恥ずかしいです・・

まあはじめてなので、 笑わないで...

IMG_622287.jpg

で、外装取り付け。

それぞれちゃんと同じ高さで取り付けられるように、
東急ハンズで輪っかの発砲スチロールを買いました。

IMG_6291.jpg

IMG_6296.jpg


一枚30分くらいかかります。

パテ、エポキ接着剤、瞬間接着剤・・・全く大変です。。。

IMG_6297.jpg

タイトルプレートには本当に苦戦しました。
キングオブハート、せっかく1時間かけて用意したのに、
そうしても邪魔になって、、結局使用せず。
まあこの段階では、まだ正真正銘のキングオブアートじゃあなかったので
まあいいかな・・・なんて。


はい!おしまいです!!


ぼくもはやくお披露目したいんですが。。。もう少しお待ちを!!!

ちなみに次回作は・・・未定!!!

明日中に決めますが、その前に、、、

僕の作業机の紹介でもしたいと思います!
(せっかく片づけたので)

もうしばしお待ちを!!

電撃ガンプラ王2015  ⑯ 完成!!!!!!!!!!

完成完成完成完成完成!!!!!!!!!!!


あ~~~~長かった・・・・

この41日。。。

本当にしんどかった・・・

最後の1週間はもう本当に精神めちゃくちゃ・・・

でも、何年も前から思い描いていたものを形に出来たこの喜びは、
モデラーにしかわからない至極の喜びです。

やって良かったです。

まあ結果はどうなるかわかりませんが、歴代のチャンピオンを見ていく
限り、むずかしいでしょうね・・・・苦笑

でも、この満足感は、もうこの数年味わったことのないものです。

νガンダムのそれより、去年のガンプラ王出品作品完成の瞬間よりも・・・

ベースに塗料の瓶をぶちまけてしまって半泣きになったり、
(奇跡的に本体は無事。ベースも拭いてニス塗ったら回復!)
胸のLEDが光りすぎて、(正面から見れないレベル)
レンズ外してレンズ加工するのに、
買い出し(3時間)も含めて計8時間。結局買い出ししたものは一切使用せずに解決。
外装をベースに組み込むのに、計8時間

もうたたき割りたくなる心を鎮めるため、
栄養ドリンクがぶ飲み。最後の①週間は一日2本。

とりあえず寝まくります。もう限界です。

ちなみに。。。

■一次選考結果発表
 電撃ホビーマガジン8月号 6月25日(水)発売

■読者投票対象作品発表
 電撃ホビーウェブ 6月12日(金)

■読者投票賞
 電撃ホビーウェブ 7月中旬頃

■ガンプラ王、各部門上位入賞、読者投票賞、審査員特別賞発表
 電撃ホビーマガジン9月号 7月25日(土)
 電撃ホビーウェブ 7月25日(土)

だそうです。

さらに・・・

•作品は未発表のものに限ります。インターネットなどで個人的に発表している作品で参加する場合は、一部分でも手直しをして応募してください。

とあります。

なので。。。

写真は結果がわかり次第 HPとブログで掲載させてください。
1次で落ちたら6月25日に掲載します。

応援してくださった方々、申し訳ありません。
一応念のためです。

IMG_6310.jpg

「己が信じた道を貫け」

昔のGガンダムのマンガ「訣別」の脚本が掲載されているのを
ガンダムウォーズⅣ ファイティングGという本で発見し、
そこに書かれていた言葉

耐え難きを耐え
忍び難きを忍び

天地孤影任我行殺

今、己が信じた道を貫くこと、
ここに決意す


ドモンと別れる際、師匠の東方不敗が贈った言葉です。

今の僕の心情、僕の人生、
そして、半ば強引にガンダムファイトに参加させられたドモンの心情、
タイトルはもう何週間も迷って、10日にようやくこの言葉に
たどり着きました。
もう9日の夜は、タイトルのことで頭がいっぱい。。。。
布団に入ってから不安でちょっぴり泣いたかもです。



明日か明後日にでも、完成までのプロセス、最後の製作記アップしたいと
思います。

写真掲載できなくて本当にごめんなさい。

とにかく、いろいろ落ち着いたらまた記事かきますので、
応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。



電撃ガンプラ王2015  ⑭ 電飾するぞ~~!!本体編

直前に ⑬ ベース編 を掲載してますので、そちらもどうぞ!!!

IMG_6260.jpg

カッチョイイ!!!

じつはいじくり倒しているこの頭部。。。賛否両論あるこのヘッドですが、
自分のなかで最高にイカしたヘッドになったわけです!!

頭部センサーは開口し、ガイアノーツ - UVジェルクリア を流し込み
レンズを製作。

バルカンは金属製。首を太くしたくましく!

IMG_6261.jpg

光漏れも完璧に!!この頭部組立にアクシデント対処も含め3時間!!!

IMG_6264.jpg

ムゴイ・・・

胸にクリアグリーンで塗装したクリアレンズをはめ込み、配線を仕込み・・・
この一行に2時間。。。

IMG_6266.jpg

股関節を経て足へ・・・

じつは配線4本の太さを甘く見ていたため、股関節に入らない、、、
(もっと細い線もありましたが、途中で切れたらどうしよう恐怖症に
襲われ、この太さに・・・)

リューターで削ること30分。。。ようやくここまでこぎつけました。

とくに足!!!
最難関!!!

しかも!!!!!

配線通す道を作り忘れる大失態!!!!!!


塗装したパーツをリューターで削るという恐怖を数時間味わい、
なんとか無理やり仕込み成功。。。

IMG_6267.jpg

じゃ~~ん!!!

見事に隠れました!!!

感動でしたね~~全く見えません!!!

IMG_6268.jpg


そしてつま先。。。

ここも難関でしたね!

後ろから丸見えになるのでどう隠すか。。。つか塗装前にやっとけよ・・・

IMG_62213.jpg

こんな感じにベース裏へ行くわけですが、後ろから見ても配線は完璧に見えません!



ただ、ここまで来て。。。。ある問題に直面。。。

IMG_6274.jpg


ベースの中に配線が収まりいらない???可能性が出てきました。。。

厄介なのは光ファイバー。

1本でも折れてしまうと光が綺麗に通らなくなるので
慎重に収める必要があるわけですが
電池やスイッチなども考慮すると厳しい、、、
しかもこれから先の作業の順番が難しくてわからない。。。

ベースに関しては、バランスを考慮すると、本当は高さは 0 が
良かったんですが、配線を考慮し、ぎりぎり許せる範囲の高さの
ベースにしたわけですが、、、足りなかったかな。。。

これからが正念場です!

電撃ガンプラ王2015  ⑭ 電飾するぞ~~!!ベース編

さて!!まずはLEDについて勉強しましょ!!

本やブログや勉強教材はいろいろありますが、
まずは実践でしょう!!!


今回使うLEDは 5 個 。

まずは5個 用意した 9V の電池で光らせてみましょう!


IMG_6229_20221111233932201.jpg



汚ね~~!!

いや~めちゃくちゃですが、なんとか スイッチも含めて光らせることに
成功しました!!(約1.5時間・・・)

もちろんやけどしましたよ!久しぶりの水ぶくれ・・・いや~~
切り傷よりはるかに痛いですね。。。まあ名誉の負傷です!

で、、、電飾に詳しい方が見ると、まあ突っ込みどころ満載でしょうが、
、まずおかしい所、、、

CRD を LED1個 につき 1個 使用 していること。。。

CRDとは、LEDは破損しないように、電池のエネルギーを一定の電圧に
制限してくれる、まさに無敵のアイテム!!

それを、3つに減らして、もう少しわかりやすくしたのが、、、

IMG_6234_20221111233937a4e.jpg




直列で2個LEDをつないで、それを2組、単体で1個 計3つの回路を
並列でつなげました。さらに、+を赤 -を黒で配線を色分け、ホットボンドで貼り付けました。

勉強のため、電池BOX,スイッチも別のものにしました!
IMG_6239_20221111233944bde.jpg

さらに、何をすれば壊れるのかの実験。


IMG_6243_2022111123395011f.jpg
IMG_6242_20221111233948511.jpg
IMG_6241_2022111123394805f.jpg



ホットボンドでめちゃくちゃにしたけど・・・生還!!

瞬間接着剤ものりきりました!

ただ、熱に弱いようで。溶接にもたもたしたLEDが3つほど天に召されました・・・
もう恐怖症ですよ・・・全く・・・



お金も時間もかかりましたが、やはり経験に勝るものはない!
ということで、時間をかけてやってみました!!


さあ!!本番です!!!

の前に・・・

ステージの小さな穴、そのに48本の光ファイバーを挿して
1つ1つ瞬間接着剤で固定。。

IMG_6245_20221111233951e23.jpg




いや~~~壮観ですね~~

IMG_6246.jpg

のちに外れないようにホットボンドでガチガチに固定しました。

IMG_6248.jpg

束ねたファイバーをアルミパイプに差し込み、片方にLEDを仕込み、
それを熱収縮チューブで覆いました。
(ライターであぶるこの作業。。。LEDが死ぬ可能性をはらんでいるため
要注意。)

で、とりあえずボタン電池で光らせてみると・・

IMG_6256.jpg


ワ~~~~お!!!!!絶景なり!!!

まあ若干光にムラがありますが。。。よしとしましょう!!

IMG_6249.jpg

で、コクピットアーム・・

写真1枚ですが、ここまで組むのに2時間かかりました・・・

溶接した患部に、これまた熱収縮チューブをかぶせて保護するんですが、
その太さを計算に入れてなくて、アームの内部にあけてある穴に通らない・・・

バラして強度保てるぎりぎりを見定めて穴を大きくしたり、関節を固定したり、、、
悪夢でしたね・・・・

さあ。。。とりあえず今回はここまで!!

すぐに本体編更新します!!

電撃ガンプラ王2015  ⑬ 塗装100% デカール95% 完成!!!

とりあえず、前回更新してからの軌跡をたどりましょか・・・・

IMG_6191.jpg

まずはベースのアーム。

細くてさみしかったので、一回り大きいプラパイプをかぶせて、
一部を切り欠いています。
中と外でカラーを変えて、情報量を増やしました。

IMG_6173.jpg

肩のダクト。

キットのままじゃのっぺりしてさみしかったので、
一度切り抜いて、、、

IMG_61754.jpg

金属メッシュを裏に貼って、プラでダクトを製作。

肩は魂今回大きく形状変更して目が行く場所なので、
このあたりの改修が見えるとセクシーですね!

IMG_6188.jpg

さあ、、、完全に忘れていたコアランダー。。。とりあえずノコでガリガリ、、、切り離して、あとで角度を変えて接着します。

IMG_6187.jpg

で、最近のお気に入り!頭部アンテナ裏のディテールUP!!
スカート裏とやり方は同じっす!

セクシーですね!!

IMG_6175.jpg

で、腕のアーマー。。ちょいやりすぎたかな。。。
本物の鎧をみてディテ入れたんですが、まあ一色に塗ってしまえば
なじんでいい感じになると信じて!!

IMG_6185.jpg

ヒザ裏のディテールUP!
空洞でプラモ感丸だしなので、プラ版でちまちま製作です。
お気に入りなのは、言うまでもないでしょう!?!?
IMG_6183.jpg


で、、、今回最も難儀したのは、配線!!
左足の中に線が通る道を無理やりこじ開け、
もう接着剤なしで股関節成り立ちません。。。かわいそうに・・・

で、これらはすべて4月30日の出来事。

5月1~4は塗装。
5月5日はデカール。。。。それが前回立てた計画。。。

見事完遂いたしました!!!


後は寝て起きてクリアー吹いてという感じです!

IMG_6261_20221111233154a2d.jpg



黄色いパーツはすべてあとハメ!一切可動しません。。。

IMG_6220_202211112331562b7.jpg


で、、、キャリアー外装の一枚にのみこんなものを。。。
まああったほうが逆に違和感ないかなと・・・

IMG_6222_2022111123315863e.jpg


これアニメでは、裏側は赤ではなく、ピンクなんですよね。。。
モモがモチーフとはいえ、、、
だもんで、レッドにアレンジです!

IMG_6204_20221111233201737.jpg


で小さい外装6枚は、まさかのグリーンです!(設定どおり)
IMG_6205_20221111233204fd4.jpg
IMG_6206_20221111233203f9a.jpg

IMG_6208_20221111233205697.jpg
IMG_6223_2022111123335364d.jpg


これからの予定は。。。

6日 つや消しクリアー (乾かしている間にLEDの勉強)
7日 組立 
8日 組立
9日 組立
10日 タイトルプレート製作。(まだ未タイトル)

組立はLEDを仕込みながらになるので時間がかかるうえに、


IMG_6226_20221111233503842.jpg


これ、外装12枚を接続する穴なんですが、かなり大きく開けてます。

外装に真鍮線を組み込んでいているわけですが、
角度が難しく、穴がピッタリでは、綺麗な展開状態が再現できなかったんです。
なので、接着にはかなりの時間が必要です。

でも作戦はありますんで、また次回。

で、

不思議に思っているあなたへ、、、

塗装はいつもと同じテイストにしていますが、
本来このような 情景 を切り取ったような作品をする際、
塗装はグラデーションや汚れを入れ、デカール、スジボリは最小限に、、、
というのがふつうです。

なのに、なぜわざわざいつものテイストに仕上げたのか。。。


理由は、、、


また次回以降に・・・

今日は。。。限界です。。。

デカール95%の理由も次回以降に・・・