fc2ブログ

真空脱泡機

もう8月ですか・・・・そうですか・・・

全く。今年は特に早かった気がします。

家にいる時間が多くなって、新しい刺激が少なくなって…というわけでもなかったですね。インドア派だし。


というわけで?

なんと!真空脱泡機を買ったのです!


レジンで複製する時、以前は加圧脱泡機というものを使用していました。


これは、圧力鍋に空気ポンプで無理やり空気を送り込み、鍋の圧力を上げて気泡を…まあ正確な理屈は説明できませんが、とにかく方法としては非常に優秀なものでした。

しかしこれには恐ろしく悩ましい欠点があったのです。


しんどい・・・



自転車のプッシュを毎回80回くらいします。しかもレジンが固まり始める2分以内に完了しなければなりません。必死です。翌日上半身めちゃくちゃです。

何とか楽できないか・・・・


そしてさらに気泡を無くせないか・・・


そしてずっと気になっていた真空脱泡機に手を染めたのです!!


これは全く逆。


鍋の中から電動ポンプで空気を吸いだして中を真空にします。そしてそこから空気を入れることでレジンが隅々までいきわたり…まあこれも理屈は説明できませんw 


とにかく・・・・楽!!

そして。

真空!?何かすごそう!!


ということで購入しました。


そして結果は・・・・



まさかの失敗・・・


これは。。。。やってはいけない買い物でした。


いや、正確に言えば、組み合わせが悪かった・・・





この鍋。直径が30センチくらいあって、深さもあります。このポンプの性能では、この鍋内の空気を吸いだすのに時間がかかりすぎて、気泡が抜ける前に固まってしまうのです。


ちなみにこのやり方をする場合、レジンは180秒タイプじゃないと絶対不可能です。僕の環境の場合、120秒タイプでは絶対無理だと断言できます。


今回の失敗の原因は・・・


A・鍋がデカすぎた

B・ポンプが弱すぎた



このどちらかです。
複製4

ただ、鍋は大きいほうがよかったです。これは譲れないところ。もちろん隙間を埋めて少しでも中の体積を減らす努力はしましたが。。なので正解はB!


このポンプ、鍋と同じメーカーのものですが、この鍋で使うには性能がしょぼすぎた。・・・



もともとこのポンプは鍋とセットでも売られているのですが、このサイズの鍋とのセットはなかったです。メーカーもわかってたんですね。。


というわけで、僕の場合、もっと高性能のポンプを使えば気泡の少ないものができた。。。という結論です。


ちなみに、この真空脱泡機を使う上でのポイントは

いかに早く真空にするか

ということ。


もちろん型の作り方も大事で‥‥そうそう!型の作り方もいつもと変えなくちゃいけないんです

複製7
複製6

こんな感じで真空になるとレジン、シリコンが 沸騰します。 これは・・・・まあ理屈はわからん!!最初のうちは中の気泡が出ているらしいですが、できった後はこうなるのです。体積が大きくなり溢れてしまうので、湯口を極端に大きくしないといけないのです。


そして真空にした後、空気を入れると隅々までレジンが入り込む仕組み・・・まあなんのこっちゃでしょうが、とにかく今までと全く違う仕組みです。


この泡。わかりますよね?真空を解いたらもちろん泡は無くなりますが、時間がかかります。その抜けている間に固まってしまいます。

つまり、早く真空にして、さっさと泡を吹かせて、さっさと空気を入れて・・・気泡が抜ける時間を少しでも稼ぐためにも、ポンプの性能大事です。


このポンプは買いなおす予定ですが、ポンプの性能って、メーカーによって見方が違います。それにアタッチメントのこともあるし、どれを買えばいいのやら・・・

複製3
複製2
複製1

ちなみに、画像ではばっちりに見えますが、半分は気泡で死んでます。加圧式だったら、おそらくこの型なら・・・8割は行けたはずです。楽な分気泡と戦う羽目になりました。

しかもこの型、作り方がいつもと全然違うので、加圧式で使うことができません。(´;ω;`)



というわけで、僕が言えるのは・・・


買うな!


買うなら。。。。


小さい鍋にしよう!!!

もしでかい鍋で大量に抜きたいのなら

いいポンプを買おう!



これくらいかな・・・・

とにかく、以前紹介した加圧式のほうがおすすめです。イベントとかで大量に抜きたいのなら真空もありですが、でかい鍋にするならポンプの性能をけちるな!ということだけ言っておきます。


丸二日戦いました。いろんなやり方、秒数、傾け、、、色々と実験してたどり着いた結論。。。とにかく皆さんが思い描いているようなパラダイスではない!ということだけお伝えしたかった記事でございました。


というわけで、次使う時までに何とかいい性能のポンプを探してみたいと思います汗 


スポンサーサイト